最終更新日:2019.11.28お役立ち情報

漏水調査について

水のトラブルサポートセンター 工事部の宇野です。

いつもブログをご覧頂き有り難うございます。

 

本日は「漏水調査方法」について、お話しさせていただきます。

 

お客様から

「フローリングの下辺りからシューと音がしている」

「雨も降っていないのに、基礎部分が濡れている」などのご依頼を頂くことがあります。

 

このような症状は、水道管からの水漏れの可能性がかなり高いです。

 

水道管には、給水管(塩化ビニル)と給湯管(銅管)、水用とお湯用があります。

ほとんどの排管は外から確認が出来るのですが、建物の構造上、地面やコンクリートの壁の中に埋まっていることもあります。

埋まっている場所で漏水している場合、漏れ箇所の特定が難しくなります。

弊社では、音聴棒超音探査機を使って、水漏れ箇所の特定を行います。

出来るだけ、建物に負担がかからない修理方法を見つける事により、工事費用を抑えることができます。

弊社では、特に戸建て住居の漏水調査を得意としております。

 

水を使っていないのに水道メーターが回っているなど、漏水調査が必要な時は

是非、水のトラブルサポートセンターにお任せください。