最終更新日:2023.11.30お役立ち情報

お風呂の排水口が流れない

こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

だんだんと冬が近づいてきて気温も低くなり、お風呂に入るのが楽しみな季節になってきましたね。

でも

排水口が流れにくかったり悪臭がすると、せっかくのバスタイムも台無しです。

今日は、お風呂の排水口が流れなくなったときのお掃除方法、詰まらないように

する対策をお話したいと思います。

 

水回りのなかでも、お風呂は最もつまりやすい場所になります

基本的には家族が全員、毎日お風呂に入るので、

思ったよりもたくさんの髪の毛や汚れが蓄積してぬめりが発生します。

 

排水口が流れない原因

◆お風呂内で詰まる場合

◆屋外の排水桝で詰まる場合 があります。

 

◆お風呂内で詰まる

 入浴時の、髪の毛、アカ、せっけんカスなどが排水口に溜まって流れなくなります。

 人間の1日の抜け毛の6割強が洗髪時と言われています。

 家族みんなの抜け毛が毎日・・ちょっと想像がつかないですね。

 

 ごの抜け毛と一緒に石鹸カスやアカが排水口に溜まっていき詰まりが発生します。

 また、排水口に溜まった物をそのままにしておくと雑菌が発生しカビに発展することもあります。

 お風呂は、雑菌やカビにとっての好都合な環境、湿度、栄養などが

 揃っている場所になるため、注意しないいけません。

 

◆排水桝で詰まる

 家から出る排水、汚水は異物が入っているため、下水道にその異物が入らないよう、

 排水桝が設置されています。

 

 その排水桝に、髪の毛や石鹸カスが蓄積して、うまく流れない状態になっていることにあります。

 そばにある木の根が入り込んで破損するケースも。

 

 

詰まりを解消するには

◆ラバーカップを使う

 いわゆる、「スッポン」と呼ばれている道具です。トイレの詰まり解消にもよく使われます。

 

 もちろんお風呂の詰まりにも使えます。

 よく間違えている方がいらっしゃいますが、

 ラバーカップは詰まりを「押し出す」ものではなく「吸い上げる」物です。

 押す時より、引き上げる時に力を入れます。

 

◆パイプクリーナーを使う

 

 ホームセンターなどで購入できる液体のパイプクリーナーを使います。

 汚れを溶かして詰まりを解消しますので、強力な薬品の場合が多く、取り扱いには注意が必要です。

 使用する場合は、各製品の説明書をしっかり読んでください。

 基本的には、排水口に適量の薬剤を流して、指定時間放置します。

 その後、水やぬるま湯で一気に流します。

 なんとなく、長い時間置いた方が、効果が出そうな気がしますが、

 実は

 指定時間以上置いておくと、せっかく溶け出した汚れが固まってしまうことがあります。

 各製品の指定時間をきちっと守ることが必要です。

 

◆重曹とクエン酸を使う

 ブログの詰まりのお話では、最多出場の「重曹とクエン酸」。

 お風呂の排水口でも活躍が期待できます。

 注意としては、酸性アルカリ性の性質を利用しているので、ユニットバスの場合

 変色することもあります。予めお風呂メーカーの取り扱い説明書で確認しておくほうが安心です

 

◆排水桝

 自身である程度は掃除が可能です。が結構大変な作業になるので、業者への依頼も検討してみてください。

 

 

詰まらないために

何はともあれ、こまめな掃除が一番です。

毎日、お風呂をあがる時に、排水口に溜まっている髪の毛やゴミをちょっと取るひと手間が

詰まりを防ぎます。

また、1週間に一回程度、パイプクリーナーを流しておくのも効果的です。

他にも、雑菌やカビが発生、繁殖しないよう換気をしっかり行いましょう。

 

 

色々やってみたけど、詰まりが取れない、外の排水桝で詰まって解消できない

という場合は、ぜひ水のトラブルサポートセンターにご連絡ください。

 

 

フリーダイアル:0120-882-333(タップで、電話がかけられます)

webからのご依頼は、 こちら