最終更新日:2020.03.23 お役立ち情報キッチン

シンク汚れを落とすには?

こんにちは。

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます。

 

本日は、キッチンのシンク汚れについてお話させていただきます。

 

シンクは、野菜を洗って切ってなどの調理や、食べた食器を洗ったりする場所ですよね。

人が口にする食材を扱う場所になりますので、常に清潔にしておきたいものです。

かといって、

食器や調理器具を使用したらすぐに洗って、更にシンクの掃除も毎回する、

というのはなかなか難しいですよね。

 

ある日気が付いたら、いつの間にかシンクに茶色の汚れがついていたことはありませんか?

 

その汚れの正体は、「サビ」や「カビ」なのです。

 

■原因■

調理器具や食器や缶などの金属製品を洗う際に剥がれ落ちたものがシンク内に

溜まって出来るのが「サビ」

 

食べ物の残りカスや水垢が、綺麗に流されず、シンク内に残ってしまった物を栄養に

繁殖するのが「カビ」

 

サビの場合は、シンク自体のサビが原因の場合もあります。

シンクはステンレスで鉄の成分で出来ています。

その上から、サビ防止の成分を塗布することによって、表面に錆びにくい膜を作っています。

しかし、長年、使用していくと劣化により、サビ防止の成分が徐々に剥がれてきます。

そうなると、鉄の成分がむき出しの状態になるのでどうしても錆びやすくなります。

一度、錆びた部分が出来てしまうと、どんどん周りに広がっていきます。

 

 

■対処法■

シンクにサビやカビが付着した場合は、どうしたらよいでしょうか。

 

まず初めに、メラミン製のスポンジで軽くサビやカビの部分を擦ってみましょう。

早い段階の軽い汚れだと、擦るだけで取れる場合があります。

しかし、あまり強く擦らないようにしましょう。

サビ防止の成分を更に、剥がして可能性があります。

 

それでも取れない場合は、

サビの場合は重曹を、カビの場合はクエン酸やクレンザーを少し付けて

擦ってみましょう。

いずれの場合も、一気に取ろうとせず、優しくゆっくり擦ってください。

特に、クレンザーはステンレスに傷目が付く場合があるので注意してください。

数日かかって取れる場合もあります。焦らないようにしましょう。

 

■サビやカビがつかないために■

やはり、日々のちょっとしたお手入れが一番効果的です。

軽い汚れは、ちょっとの手間で落とせます。

気が付いたら、すぐに落とすように心掛けましょう。

 

どうやってもサビ・カビが落とせない場合

放置すると、食材に付いてしまうことも・・・

 

弊社ではキッチンの交換も承っております。

まずは水のトラブルサポートセンターにご連絡下さい。

状況をしっかり調査し、最善の方法をご提案致します。

 

 

 

 

 

 

関連記事

お役立ち情報のコラム一覧

水トラブログ編集部

最終記事更新日:2024.06.20