最終更新日:2020.02.26 お役立ち情報キッチン

システムキッチンとは?

こんにちは。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

賃貸でも戸建て住宅でも、取り入れられているシステムキッチン。

今日は、システムキッチンについてお話ししたいと思います。

 

◆システムキッチンとは

コンロ、シンク、作業場が一体となっているキッチンのことをいいます。

従来のコンロ、シンク、作業場が分かれている「セパレートタイプ」は、つなぎ目のすき間に

汚れがたまりやく掃除も困難でした。

システムキッチンは、一枚の板で繋がっているのでつなぎ目がなく、すっきりとしていて掃除がしやすいのが特長です。

他にも

・作業の動線が考えられているので毎日の家事がやりやすい

・収納スペースも十分あり、収納しやすいように考えられている

・デザインが豊富

・ショールームに行くと完成品を見ることができるのでイメージしやすい

といったメリットがあります。

 

◆様々なレイアウト

システムキッチンは、お部屋の間取りに合わせて様々なレイアウトが可能です。

「I型」

コンロ、シンク、作業場が一列に並んでいるタイプ。賃貸住宅にも多く取りいれられています。

狭いキッチンでも有効に使うことができます。

 

「L型」

コンロとシンクがL字状になったタイプ。I型に比べると作業移動の距離が短くてすみます。

動線が三角形になり、動きやすいです。

 

「U型」

シンク、コンロ、壁でUの字のように囲われたタイプ。キッチンが独立しています。

複数人での作業には向きませんが、一人で行うには効率的です。

 

「アイランド型」

壁には付かず、島のように設置、キッチンの回りは360度回遊でき開放感があります。

高級感があって複数人でも作業が出来ます。

しかし隠す物がない丸見え状態なので、常に清掃が必要になります。

 

「ペニンシュラ型」

アイランド型の左右どちらか片方が壁に付いているタイプ。こちらも開放感があります。

 

昨今、キッチンは単なる「台所」ではなくて、ダイニングやリビングと一緒に「見せる」場所になっています。

しかし、ゴミなど見せたくない物が必ずあるのも事実。

最近は、見せたくないところは隠せるようなデザインもたくさん登場しています。

 

レイアウトデザインの他に

ご自身の身長にあった作業場の高さ・目的にあった奥行の物を選ぶことも大切です。

高さが合わないと腰が痛くなったりします。

調理スペースの充実がご希望の場合は奥行を広く、部屋の広さ重視であればシンプルに、

と目的によって変わってきます。

また、作業場の材質も重要です。

ステンレスや人造大理石など、こちらも目的別に様々です。

 

キッチンは毎日使う大切な場所。快適な空間にしたいものです。

そろそろ交換かなと思っている方は、ぜひ水のトラブルサポートセンターにご連絡下さい。

ご要望、目的をしっかりお伺いし、最適なキッチンのご提案をさせて頂きます。

関連記事

お役立ち情報のコラム一覧

水トラブログ編集部

最終記事更新日:2024.06.20