最終更新日:2019.11.30 お役立ち情報トイレ

海外のトイレ事情

こんにちは。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

又、水のトラブルサポートセンターをご利用いただきありがとうございます。

さて、みなさんは、海外旅行に行ったことはありますか?

海外に行ったことがある方は、日本と海外のトイレには、違いがあるのをご存知かと思います。

私は、アメリカ・グアム・韓国と三ヵ国に行ったことがあります。

ふと、自分の行ったことある国のトイレ事情を思い返してみると

アメリカとグアムに関しては、日本のトイレとあまり変わりはなかったのですが

便座の穴が大きかったのを覚えています。(笑)

なので、深く座ると便器に嵌りそうで怖かったです。

韓国では、ちょっとびっくりする体験がありました。

韓国に到着後、トイレへ向かうと、

まず、目に飛び込んできたのは、個室トイレの扉が地面までなく

中に入っている人の足が見えているという状況でした。

気になり調べてみると、防犯の為だそうです。

中で何をしているかバレバレで嫌だな~と思いつつ中に入ると

「使用したトイレットペーパーは、横に設置されているサニタリー用のゴミ箱に入れてください。

流してしまうと詰まる恐れがあります。」と、日本語表記で、トイレの扉の紙に書いてありました。

流さないなんて・・・とびっくりしました。

私は、買い物や食べ歩きの事しか頭になく、国が違うと、こんなにもトイレの使い方が違うとは思いもよりませんでした。

のちのち調べてみると、こういった特有のトイレ事情がある国は他にもあるみたいです。

日本人がよくいく中国・台湾・韓国はもちろん中南米や東南アジアでも

トイレットペーパーを流すことはできません。

又、トイレットペーパーを置いていない国もあります。

こういった国は、トイレの横にある蛇口にホースが繋がれており

用を足した後は、紙で拭く代わりに水で洗い流すといった習慣の為に、トイレットペーパーを置いていないそうです。

その際は、ポケットティッシュなど忘れないように持ち歩かないといけないかもしれませんね。

何故、このように各国ごとにトイレの使用方法が異なるかと言いますと

排水管の構造が違ったり、整備が行き届いていないというのが現状みたいです。

海外旅行に行かれる際は、その国のトイレ事情を調べた方がよさそうです。

当然、生まれ育った日本のトイレに慣れている私は、日本のトイレって素晴らしいなと実感しました。

日本のトイレは、世界に誇れることと言っても過言ではないかもしれませんね。

 

トイレ キッチン お風呂 洗面所

つまり・水漏れは

水のトラブルサポートセンターへ

関西 関東 中部 北陸 中国 北海道

https://www.mizu-support.com/

0120-300-330

関連記事

お役立ち情報のコラム一覧

水トラブログ編集部

最終記事更新日:2024.06.20