最終更新日:2020.04.04 お役立ち情報リフォーム

洗面台リフォーム~蛇口位置にこだわる~

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

先日、洗面台のリフォームのご依頼を頂きました。

 

築30年ほど経った戸建ての家にお住まいのお客様から、蛇口と洗面台の継ぎ目に隙間があって

蛇口の根元あたりにかかった水が洗面台の下の収納部分にも漏れているようだと、出張見積のご依頼を頂きました。

 

早速、スタッフがご訪問し現地調査したところ、

つなぎ目から漏れていた水が洗面台下の収納部分にかなり侵入しており、収納部分の底に穴があいている状態でした。

早めにご連絡頂いたので、幸い土台部分までは浸食が進んでいませんでしたが、

かなり年数が経った洗面台だったので、不具合箇所の修理だけでは再発も予測できました。

お客様と実際に洗面台の底部分を見ながら、ご説明し洗面台ごと取り換えることになりました。

新しい洗面台は、どのような物がいいか、お客様のご要望をお伺いすると、

蛇口の位置をとても気にされていました。

 

 

お客様は、蛇口と洗面台のつなぎ目の隙間に気づかれてから、蛇口周辺を掃除する際に

なるべく蛇口根元周辺に水がかからないよう工夫し、とても苦労されていました。

また、隙間ができる前から、蛇口が邪魔で掃除がやりにくいと感じておられました。

 

カタログでハイバック式の洗面台を見られた瞬間、「これにします」と決められました。

 

ハイバック式とは、洗面ボウルと蛇口が一体化しており、水が溜まるところがないタイプの

洗面台です。

 

フラットなので、すっきりしており、お掃除もやりやすく人気があるタイプです。

お客様は、この「すっきり」感をとても気に入られて、すぐに決まりました。

洗面台に合わせて、床のクッションフロアなど周辺の物も選び、工事に入りました。

 

蛇口の他にも、三面鏡にしたいなどの、複数のご要望を頂き、

ご希望に添える洗面台を設置することができました。

 

今回のお客様は、壊れて使えなくなる前にご依頼頂きましたので

ご不便をかけることもなく、また、気持ち的にも焦りがない状態で

ゆっくりご検討頂けたので、とても満足頂ける工事になりました。

また、床下への浸食に至っていなかったので、費用も抑えることができました。

 

わずかな水漏れでも、放置すると大きなトラブルになることもあります。

気になる所が見つかったら、ぜひご相談のご連絡をください。

しっかり調査して、お見積りをお出しします。

 

フリーダイアル:0120882333

webからのご依頼は、 こちら

関連記事

お役立ち情報のコラム一覧

水トラブログ編集部

最終記事更新日:2024.06.20