最終更新日:2019.12.03 お役立ち情報お風呂

シャワー・蛇口の水温の調整がうまくいかない場合

シャワー・蛇口の水温に気を使う季節がやってきました。

冬は夏に比べるとなかなかお湯にならないものですが、やっとお湯になっても、急に冷水に変わって驚いた経験はありませんか?

 

お湯は、水を給湯器内で温めて蛇口より吐水されます。

冷水ハンドルとお湯ハンドルを使って水とお湯を混ぜることによって、水温を調整できます。

ガス給湯器も最新に近づくほど性能がよくなり、温度変化を最小限に抑えてくれるようになりましたが、お湯になっても途中で冷水になって、またお湯に戻る現象は、給湯器や蛇口の故障ではなく、仕様となっている場合がほとんどです。

水温を安定させるには、給湯器の性能も大切ですが、サーモスタット式と呼ばれる水栓を選ぶことで温度変化の悩みを減らしてくれます。サーモスタット式とは、ハンドルの片方に温度目盛がついたハンドル付きの蛇口のことをいいます。

他にもシングルレバー式、2ハンドル式がありますが、温度調整に優れているのはサーモスタット式です。

 

水温変化が少なく、安定した温度で吐水するので、急な冷水に身構えることなくシャワータイムを楽しんだり、洗い物をすることができます。

いつも使っている水温を温調ハンドルで固定することができ、水を出したり止めたりするのは反対側にある切替ハンドルで調整できます。

操作も簡単なので、多くのお客様がこちらのサーモスタット混合水栓を選ばれています。

 

蛇口の交換には工事が必要ですが、数時間で取付完了するので、日をまたぐ心配もなく、その日の内に利用できるのも嬉しい点です。

サーモスタット混合水栓の寿命は、20年は持つと言われているので、一度設置すると長くご利用いただけます。

 

シャワーヘッドも高水圧、節水はもちろん、美容効果も期待できる高性能なモデルが人気を集めています。

こういったアイテムを取り入れることで、さらに快適な時間を手に入れることができるので、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

設置後、不具合が発生した場合も、弊社は安心のアフターサービスをご用意しております。

お困りの際は、小さなことでも気軽にお申し付け下さい。水回りのプロが、困りごと解決のお手伝いをいたします。

関連記事

お役立ち情報のコラム一覧

水トラブログ編集部

最終記事更新日:2024.06.20